top of page

​想い / Vision

サイトは激変した世界と社会にあって、

保護者が教育を考える上で必要な考え方や

新しい時代に対応出来る

教育情報と解決策を提示する為のサイトです。


教育とは一体何なのか?
子供の幸せを願わない親はいません!
この言葉に嘘はないと思います。
しかし、子供にとって何が本当の幸せなのか?
この問いを真剣に考える親もまた少ないと言える。
語弊が無いように繰り返すが、「真剣に」だ。
小学校3年生になったら

中学受験塾選びに奔走する。
同い年くらいの会社の先輩や同僚、

学校の保護者仲間との
話題はもっぱら塾選びの話。
子供は置き去り。
そして周囲の流れに巻き込まれ流されて行く。
教育とは一体何なのか?
誰の何の為の物なのか?


日本はもはや衰退途上国
親としてまず理解すべきことは、

昔と今の社会や世界の変化です。
年功序列と終身雇用に守られた

Japan as No1の時代ではありません。
一生日本人と日本国内だけで過ごす事は

想定出来ない時代です。
世界のグローバル化とテクノロジー化。
日本の人口激減や超少子高齢化。
この言葉が意味する事を本当に理解して
教育をしているでしょうか?


変われない日本の教育
小学生の多感な時期に夜遅くまで塾に通う。
朝から晩まで夏期講習。何点取れるかの勝負。
親世代が過ごしてきたのと同じ光景は、

見ていて安心ですが
本当にそれで良いのでしょうか?
欧米の夏休みのイベントと言えばサマーキャンプ。
親元を離れ自立と経験の旅に出ます。
教育の目的は非認知能力やEQ(心の知能指数)を

育成する事に移っているのです。


教育とは未来に対する準備作業
戦後から平成のSociety3.0時代の

大量生産大量消費社会。
問われた価値は学歴でした。

その為の受験、その為の塾。
受験を勝ち抜いた者こそが未来の幸福を手にした時代です。
時代は令和。

Society5.0はグローバル化と

テクノロジー化の世界。
求められる能力は、

「課題解決能力」や「論理的思考力」

「多様性の理解」、、、、
こうした時代にあって

塾に行って答えのある問題を解く訓練は
本当に未来の幸福を保証するのでしょうか?
ちなみにアメリカの大学では

SATを廃止しつつあります。


「教育とは未来に対する準備作業である。」
そう考えた時、すでに子供達が生きる未来は
親たちのそれとは確実に違ってしまっている事を
認識しないといけません。


学ぶとは、働くとは、これから必要な教育
国境がなくなり、経済活動や社会活動の至る所に
テクノロジーが導入される時代。
つまり世界という舞台で
真に人間としての能力が問われる時代にあって
点数を取って自分の合格の為だけに勉強する教育で
子供達は本当に幸せになれるでしょうか?
働くとは誰かや何かの困り事を解決したり、
もっとこんなのあったらいいよね、

を創造すること。


だとするならば、学ぶとは
その解決力と創造力を養うものであり、
そもそも社会の困り事に

目を向けることではないでしょうか?
解決力と創造力を合わせて何かを

“実現する力“と捉えるなら、
実現するために必要な

さまざまな資質や能力を育成する事が
これからの教育に

求められる事ではないでしょうか。
皆さんのお子様は

何かを実現する力、つけてますか?


鏑木 稔

鏑木さん写真.jpg

鏑木 稔(Kaburaki Minoru)

塾経営25年。民間人校長を経験し社長と校長の二刀流。主として普通の小学生が海外ボーディングスクールに合格する英会話スクールを経営。ハロウ安比の合格者も輩出。英語でプログラミング、第一志望としての通信制高校、私学の教育コンサル、中学生の硬式野球チームの運営を行う。

IMG_2398.jpg
bottom of page