top of page

好きな国で、好きな期間、好きなことができるのに留学費がかからない!?「トビタテ!留学JAPAN」活用セミナー&体験インタビュー

12月17日(土)に行われた、留学セミナーの実施Reportをお送り致します。

今回のテーマは「トビタテ!留学JAPAN」


前半は事務局の古谷さんに登壇頂き、トビタテ!留学JAPANの概要説明とアドバイスについてお話頂きました。

(仕組みの紹介のみならず、選考に対してのアドバイスを頂ける機会は大変貴重です!)


その後、実際にプログラムを利用して海外留学を果たした高校生ゲストのプレゼンを中心にセミナーを行いました。


後半では、参加した中高生が自分の留学計画書を作成し、自分が何をしたいのかについて深く考えるワークショップを実施しました。

今回のblogでは、前半パート(セミナー部分)のご紹介を致します。


トビタテ!留学JAPANとは?(以下、トビタテ!)

文部科学省を中心として行っている官民協働の海外留学支援制度です。この制度を利用して毎年約1,500名の大学生や高校生が海外へ飛び立っています。

詳しくはこちら


2013年から始まったこちらの取り組みですが、2023年からは新たなステージに入るようです。


トビタテ!第2ステージ実施の変化

今年度までは、どちらかと言うと大学生を中心に支援が行われていましたが、

2023年度からの中心は、高校生!


もちろん、大学生への支援も続けられますが、新たな“グローバルリーダー”、社会に対してインパクトを生む人材を輩出するという狙いのもと、より若い時期からの海外経験を将来の留学につなげるため、高校段階からの留学への支援を拡充した新たなプログラム(5年間で高校生4,000人、大学生等1,000人以上)がスタートします。

とは言え、誰もが簡単に参加出来るわけではないので、選考にあたって、事務局の方からアドバイスを頂きました。


事務局の古谷さんからのアドバイス

留学の目的として、語学を学びたいという視点だけでは足りないと仰っていました。

このトビタテ!では、以下の3つを持つことが求められているとのこと。

・情熱

・好奇心

・独自性


新たなトビタテ!で設けられた3つのコースはいずれも昨今の教育改革の中心である「探究」をベースに分けられており、その内容は以下の通りです。

・マイ探究コース(360名)

・社会探究コース(200名)

・スポーツ・芸術探究コース(140名)


課題を発見し、自分の取り組みに結び付け、学ぶ目的がより明確化されたコース設定になりました。

その中で筆者が印象に残ったキーワードは以下の3つです。

「社会への関わり」「自分の今後の進路」「課題のタネ」


「課題のタネ」とは!?

探究の例として挙げられていたものを見てみましょう。

例)野球少年のトビタテ!活用

単に「上手くなりたい」「海外で練習してみたい」

ではなく、

・海外と日本の練習の違いは何だろう?

・海外と日本の練習で使う道具に違いはあるのだろうか?


疑問をベースとした仮説や調査を元にした学びの目的があるか?

といったことが留学計画書で特にポイントになるようです。


「課題解決」と「志望理由」がセットで求められるこの選考は、大学受験における総合型選抜入試と似た資質・能力が求められていることが伺えます。

これは筆者の印象ですが、このトビタテ!の選考にチャレンジする経験は、総合型選抜に対しても最高の対策になりそうです。


トビタテ!の申し込みや条件について

現高校生は23年2月28日まで応募可能。

新高校1年生、新大学1年生は4月からの応募となります。

※後者は期間が短いため要注意


また、トビタテ生はプログラムに参加して終わりではありません。

具体的には、以下の活動を通して、留学経験を社会に還元するという活動もセットになります。

・コミュニティを広げて協働プロジェクトに参加

・外部団体との連携


ここでは詳細は省きますが、説明動画リンクはこちら

(所用時間8分)


ここまではトビタテ!の概要をご説明してまいりましたが、

ここからは、実際にプログラムを利用して海外へ出た高校生ゲストのトークセッションについてご紹介します。


トビタテ!インタビュー

当日登壇して頂いたゲストはトビタテ高校生コース7期生の藤本風(ふう)さん。

トビタテ奨学生としてエストニアに1年間留学をした体験談をシェアして頂きました。


[応募のきっかけ]

都立高校生向けのプログラムでオーストラリアに1年留学をした際、現地でエストニア人の留学生と出会い、興味を持ったことがきっかけでした。

帰国後、エストニア語を学ぼうと思ってテキストを探してみたが、日本には「エストニア語入門」の1冊しか学べるものがないという現実に直面した事を機に、期間・留学先・活動内容など、自分で全ての計画を作ることができるトビタテ!の活用を考えたとのことでした。


[トビタテに応募した理由]

1つ目は上記にもあるように、期間・留学先・活動内容が全て自由であること。

また、他の留学プログラムで選べない国や受け入れ機関にも留学可能だったりと、既存の留学システムでは中々実現が難しいことも、このトビタテ!では可能であったと、自由度の高さの魅力を伝えてくれました。


2つ目は、選考の基準が自分に合っているから。

見られるのは運営の方も仰っていたように、「情熱・好奇心・独自性」だからこそ、応募時点の語学力や成績で測れない興味なども汲み取ってもらえることでチャンスを感じたようです。

自由だからこそ、「自身の想い」が重要であることも強調されていました。


[応募時に心がけたこと]

なぜ「今」「私」が「エストニア」に行くべきなのかを明確にすること

・留学計画からアピールポイントを行うこと

という2点を挙げられていました。


それに加えて、トビタテの選考の1つとなる面接が行われる前に、既に唯一の日本語の授業がある学校へ問い合わせをし、受け入れの許可を貰っていたというエピソードがとても印象的でした。


「許可が出てしまっていたから、面接官の人も行かせるしかなかったのかもしれません」と無邪気な笑顔でお話してくれましたが、同時に「大変そうだと思われるけど、それくらいの行動や想いが無いと、トビタテの人にも伝わらない」という言葉からも、熱い想いがセミナー参加者の皆様にも伝わったのではないでしょうか。


[留学中にやってよかったこと]

イベントに片っ端から参加するなど積極的に現地でしか体験できないことにチャレンジ!

実際に、子どもキャンプやロシアに住む少数民族の料理教室、現地の修学旅行への参加など、

自分の居心地の良い場所(コンフォートゾーン)から出ることを意識していたとのこと。


留学では、思い通りにならないことも多く、事前に立てていた目標を全て達成することが難しかったり、ストレスを感じたりすることも多かったという率直な感想もありましたが、

それも精神的な成長に繋がること、自己内省の機会になることなど、ポジティブな学びに繋げていけるのも藤本さんの強みであると感じました。


そんな藤本さんですが、現地の人との交流を通して、自分たちが見ている日本と世界からの見られ方のギャップを感じたことから、新たな想いも語ってくれました。

「自分の通っている高校から、海外大学進学者を増やしたい」

「高校生でもトビタテの活用を視野に入れていない生徒が多くないため、海外へ目を向ける人を増やしたい」

こんなにキラキラと輝いている先輩がいたら、後輩たち(大人たちも)は海外にも目を向けるのではないでしょうか。


こうした素敵な先輩たちから刺激をもらえるようなイベントをGrowVaLでは今後も実施してまいります。

お楽しみに!


留学中の活動については、藤本さんのnoteにて一部公開されております。


※他の留学生の情報も気になった方はこちら

『留学大図鑑』


その後のQ&Aコーナーではセミナー参加者の皆様から多数の質問も頂き大盛況でした。

Q.今後の専攻は?

Q.最初のオーストラリア留学時の語学力は?

Q.将来の夢は?

Q.日本とエストニアの教育の違いは?

Q.中高生のうちにやっておいた方がよいことは? etc.

こちらの様子が気になった方は、後日公開予定のアーカイブ動画にてぜひご覧ください!


まとめ

●トビタテ!が新たなステージに入り、高校生の留学チャンスが増える!

●トビタテ!の選考では「情熱・好奇心・独自性」が重要視される!

●留学の目的として「語学」+それぞれの探究(課題のタネ)を持とう!

●トビタテ!は自分で留学計画を立てることができる!

●行動力が何よりのアピール

●コンフォートゾーンから出ることが成長の鍵になる!


今回もお読み下さりありがとうございます。





閲覧数:42回0件のコメント

Komentarze


bottom of page